誰でも避けられない老眼 あらたな治療法アキュフォーカス

accu-focus

アキュフォーカスってどんな施術?メリットは?

老眼はほぼすべての人が避けられないものです。一般に近眼の方は老眼になりにくいといわれていますが、正確に言うとこれはすこし間違っていて、近眼の方も他の方と同じく老眼になるものの近眼になったことを感じにくいだけです。水晶体は年々年をとっていき、40代半ばを過ぎるころにはほとんどの人が老眼になるといわれています。

アキュフォーカスとは

この老眼の治療方法として、昨年12月から日本で本格的に「アキュフォーカス」と言われる治療法が導入され始めているのをみなさんはご存知でしょうか。 このアキュフォーカスについて、その治療法の手術方法やメリットなどについて紹介していきたいと思います。
アキュフォーカスは、アメリカのアキュフォーカス社で開発された新しい治療法です。日本ではあまりなじみのない名前かもしれませんが、昨年の12月に本格的な導入が始まり、実際に日本で施術を行った方もいます。レーシック手術などに比べるとあまり一般的には聞かれていませんが、アキュフォーカスならではのメリットもあります。

アキュフォーカスのメリット

まず、アキュフォーカスとは具体的にどのような治療法なのでしょうか。アキュフォーカスの施術は15分程度で簡単に終了します。それもそのはず、点眼麻酔をしてフェムカントセカンドレーザーという特殊なレーザーを出す機械で角膜にポケットを作り、そのなかに黒いリングを埋め込むだけという非常にシンプルな方法なのです。

なぜ黒いリングを目の中に入れるだけで見えるようになるのでしょうか?

その秘密はピンホール効果にあります。ピンホールという言葉を聞くと、ピンホールカメラのことを思い浮かべないでしょうか?四角い黒く塗った箱に小さな穴を針であけて、反対側の面に印画紙をセットして景色を映し出す、カメラのことです。アキュフォーカスもピンホールカメラと原理は同じです。ピンホール(小さな穴)を通った光は一筋の光になるので、どこでもピントを合わせることができるようになります。老眼の場合、水晶体でピントを合わせる機能が弱っていますので、このピンホール効果を利用することで、近くでもピントを合わせれるようにするというわけです。
では、この治療法の特徴について見ていきましょう。まず、レーシック手術との大きな違いについてです。アキュフォーカスはレーシック手術とは違い角膜を削ったりはしません。小さなポケットを作って、黒い小さなリングを入れるだけです。そのリングのサイズはとても小さく、外から見ても見た目には全然わからないサイズです。そんな小さなポケットを開けるだけですから、角膜を一度削ったらもとには戻せないレーシック手術に比べて、アキュフォーカスはたとえ何か問題があったとしてもすぐにリングを取り外してもとの目に戻すことができます。こういった面ではレーシック手術より安心だといえるでしょう。

ちなみにアキュフォーカスで入れる黒いリングの大きさは直径3.8mmほどで直径1.6mmの小さな穴が開いています。リングの厚さはコンタクトレンズの10分の1ほどで、コンタクトレンズは目の表面につけるので違和感などを感じることもありますが、アキュフォーカスのリングは目の表面つけるわけではなく目の中にリングを入れますので違和感などを感じることはありません。しかも、一度リングを目の中に入れたなら、取り替えたりする必要はなく、ずっと使えます。

お値段が気になる方もいるかもしれませんので一応書いておきますが、およそ30万円ほどの料金がかかります。利き目は遠くを見ることが多いので、アキュフォーカスは利き目ではないほうの片目だけにいれるそうです。

老眼になってしまって、近くが見えなくて大変という方は、アキュフォーカスという治療法も候補の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です