高齢者に多い『加齢黄斑変性症』の症状と原因について

Age-related-macular-degeneration

加齢黄斑変性症とはどのような病気なのでしょうか?

まず始めに、黄斑とは網膜の中央部分にある直径1.5mm~2mm程度の、物を見るために最も重要な役割をしている部分です。 黄斑にはキトサンフィルという色素がたくさんあるため、黄色をしています。
黄斑は、ものの大きさ、形、色や立体感、距離などの、光の情報の大部分を識別する役割をしています。
この黄斑に、加齢によって何らかの障害がおこることで、見ようとするところが見えにくくなるという病気が、加齢黄斑変性症です。
加齢黄斑変性症になると、以下のような症状が現れます。

  • ものが歪んで見える。
  • 中心が暗く見える。
  • ぼやけて見える。
  • 不鮮明になる。

・視力の低下がみられる。
これらの症状は進行していき、日常生活に支障がでることもしばしばあります。
ただ、中央部分以外は見えている状態なので、光を失ってしまうことはありません。
症状が片方の眼から現れることが多いため、なかなか気付きにくく、気付いても歳のせいだと思いそのままにしていることも少なくありません。

なぜ加齢黄斑変性症になるのでしょうか。その原因は?

『加齢黄斑変性症』の名前からもわるように、この病気は加齢によって引き起こされます。
年齢を重ねると、体のいろいろな部分に病気がでてくるのと同じように、眼にもいろいろな障害が現れます。
加齢によって、眼の網膜色素上皮細胞の下に老廃物が蓄積してきます。この老廃物により、直接あるいは間接的に黄斑部分が障害されることで加齢黄斑変性症がおきます 。
加齢黄斑変性症はき大きくわけると、萎縮型(いしゅくがた)と滲出型(しんしゅつがた)に分類されます。
萎縮型は、網膜上皮が溜まった老廃物で栄養不足になり、その結果、網膜色素上皮が萎縮してしまうことでおこります。
滲出型は、溜まった老廃物を吸収しようとして脈絡膜(みゃくらくまく)から血管(脈絡膜新生血管)が伸び、この血管が破れて出血したり、血液中の成分が漏れ出して網膜を押し上げることで症状が現れます。
この脈絡膜新生血管の有無で分類し、日本人に多いのは滲出型の加齢黄斑変性です。

加齢黄斑変性症で気をつけてなければならないことは何?

加齢黄斑変性症は、歳をとれば誰にでもおこる可能性のある病気です。しかし、日本では認知度が低く、片方の眼からおこることも多いため、なかなか気付きにくいという特徴があります。
ある程度病気が進行してくると、明からに症状を自覚できますが、初期のうちは奥行きが上手く認識できないため、「針が通しにくくなった。包丁がうまく扱えなくなった」などの感じはあっても、眼の病気であるとは思いません。
誰にでもおこる病気なので、日頃から眼の見え方を確認するために、片目づつセルフチェックをしてみましょう。
加齢黄斑変性症と似たような症状をしめす他の疾患もありますので、見え方に違和感を感じたら、眼科を受診しましょう。
また、加齢黄斑変性症の発症リスクを高めることとして、肥満、日光を浴びること、喫煙などの報告があります。
喫煙は特に有名で、喫煙による酸化のストレスが眼に蓄積し、炎症をひきおこすと言われています。
加齢黄斑変性症の発症予防や、進行を遅らせるためには禁煙が非常に重要です。
日本人に多い滲出型は、進行が速く、治療せずにいると視力の低下や社会的失明を起こすことがあるので、歳のせいにせず、眼科を受診することも大切です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です