老眼になってもあきらめないで対策あります

Presbyopia care1

老眼になると今まで以上のケアが大切、対策を紹介します

自分は老眼かもと思ったことはありません。新聞を読むのが億劫になった、本を見るとき30センチくらい離すとピントが合う、これは老眼デビューです。あなたはいくつですか?もし40代ならば老眼です。年をとったなあと嘆くことはありません。人間はみんな平等にそのときがやってくるのです。しかし、40代ならまだしも老眼は早い人で30代から始まる人もいます。老眼は近目と同じでほっておくとどんどん進行します。少しでも老眼の進行を緩やかにして、健康な目を保ちましょう。これから老眼の正体を知り老眼対策を紹介します。

老眼のしくみ

人間の見るという行為はレンズとそれを支える筋肉で成り立っています。レンズを水晶体、筋肉を毛様体筋と言います。私たちの身の回りにあるカメラは人間の目の仕組みからヒントを得て作られたもので、カメラのレンズが水晶体、ピントを合わせるカメラのレンズを出したりひっこめたりする機能に相当するのが毛様体筋というわけです。
毛様体筋が伸びると水晶体が平べったく伸びて薄くなり、ピントの位置が遠くになり、逆に毛様体筋が縮むと水晶体が厚ぼったくなり、ピントの位置が手前になります。老眼になると毛様体筋の伸縮度が低下し、水晶体の弾力が失われて薄くなったり厚くなったりすることができなくなります。この結果、ピントが合わず、とくに近くが見えづらくなります。平均的には45歳から老眼が始まり、65歳にはその進行が止まるそうです。変な話ですが、66歳には老眼はそれ以上進行せず、目の老化はストップします。老眼になると近くが見えにくくなるだけではありません。眼精疲労をしょっちゅう感じるようになります。とくに夕方になると目がしょぼしょぼして見えづらい、鳥目のような症状がでます。

老眼の進行を遅らせるためにできること

老眼になっても、しかたがないと思って今までの生活パターンをこのまま続けていると、老眼はすごいスピードで進みます。老眼も緩やかに進行した方がいいに決まっています。ゴールは65歳ですから、そのときまで老眼進行を遅らせる対策をとりましょう。まず、目が疲れたら休んでください。長時間パソコンでの仕事やスマホを見るなど、目を酷使することは現代生活では避けて通れないスタイルになりました。30分おきにパソコンから目を離して遠くを見る、スマホは15分以上続けて見ないこと、これを実践してください。疲れたときに手を伸ばして体をストレッチするのと同様に、遠くの景色を見ると毛様体筋が伸びて気持ちいいですよ。蒸しタオルがあれば、目に当てると疲れがとれます。タオルが無いときは両手を何度もこすり合わせて温かくなった手を目に当てるのも効果があります。紫外線はお肌にも悪いですが、むき出しになっている目にも悪影響があるので、日差しの強い日はサングラスをかけるとよいでしょう。目を閉じてしばらくそのままの状態でいる、しっかり睡眠をとるのが一番の眼精疲労解消になります。
身体のストレッチをするように目のストレッチをしましょう。両手を方の高さに前に出して両手の人差し指を数字の1を作るように立て、上下50センチくらい間隔に腕を開きます。素早く往復20回、身体を動かさずに目だけ動かして人差し指を見ます。次に左右50センチ間隔にして、同様に往復20回、目だけ動かします。次は右手を上に左手を下に斜めにして同様に、左右を変えて同様に、最後は前後にして目を動かします。どこでもできる簡単な目の運動ですが、かなり効果があります。
目のために良い食べ物は緑黄色野菜、ブルーベリー、うなぎ、トマトなど抗酸化作用があると言われているものですが、これだけではだめでバランスの良い食事を摂ることが一番大事です。では、目に悪い食べ物とは、糖類・油・動物性たんぱく質・ジャンクフードです。菓子、油、ジュース、乳製品、肉類、インスタント食品、ハンバーグなどのジャンクフードがこれに該当します。これらは酸化物質を作る食品で、健康のためにも良くない食品です。しかしこれらの食品をまったく食べてはいけないというわけではありません。肉や乳製品には体をつくる大切な栄養素もたくさん含まれています。要するに食べ過ぎがだめで、バランスのとれた食生活をすることが大切なのです。

まとめ

現代はパソコン、スマホの普及で目を酷使するのもしかたがないといえるでしょう。しかし、目の健康のためにふと手を休めて、遠くの景色を眺めたりぼんやりすることも大切です。毎日忙しいと思いますが、一度悪くなった目は戻りません。一生付き合う大切な目をもっと労わりましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です