疲れ目対策にアントシアニンが効果がある理由を説明

Anthocyanin

アントシアニンの抗酸化力についてと摂取の目安

ここでは疲れ目を改善する、目にいいと言われるブルーベリーが本当に疲れ目に対して効果があるのかどうかを説明していきます。

アントシアニンの効果とは

ブルーベリーはアントシアニンと呼ばれる物質を沢山含んでいて、このアントシアニンが目の疲労回復、免疫力のアップにとても効果があると認められています。ブルーベリーの効果については、有名進学塾で勉強をしている9歳から12歳までの小学生に毎日37.5mgのアントシアニンを8週間摂取してもらった結果、視力回復効果や眼の疲労改善有効があることが承認されたといった実験結果が出ています。

その他にも50人の患者に対してアントシアニンを配合した薬剤を毎日200ミリグラムから400ミリグラム5ヶ月間投与した結果、90%以上の患者が白内障の進行を抑制することが出来たといった結果が出ています。 今紹介した実験結果から、ブルーベリーに含まれているアントシアニンという物質が目の疲労回復と白内障といった眼病予防に対して効果があることが実証されました。それにアントシアニンが配合されているサプリメントを毎日摂取することで疲れ目を改善することが出来るというのはよく知られています。

強い抗酸化力

ブルーベリーの効果、効用としては強い抗酸化力を挙げることが出来ます。マサチューセッツ市にあるボストンのタフツ総合大学に存在するUSDA(米国農水省)研究所において研究員は40種のブルベリー以外の果物、野菜と比較した結果ブルーベリーが最も抗酸化作用があるということが分かりました。ちなみに抗酸化作用というのはフリ-ラジカル、遊離基と言われるガン化や老化などを伴なう病気を発症するとされている代謝物の毒性を中和する機能をサポートしてくれます。

ブルーベリーには強い抗酸化作用があり、そのことは既に実証されていると言えます。抗酸化作用は簡単に説明すると老化や病気の原因となる活性酸素を抑制することが出来る物質なのです。なので強い抗酸化作用はブルーベリーが目の疲労回復、眼病予防に対して効果がある理由とも言うことが出来ます。

ブルーベリーの摂取量の目安は

アントシアニンという成分は摂取後24時間くらいで体の外に排出されてしまうので1度に沢山食べるのではなく毎日食べる方が効果があります。その場合1日の摂取量の目安について紹介したいと思います。毎日どのくらいのブルーベリーを摂取すればいいのかというと、日本ブルーベリー協会が発表している目安は生のブルーベリーの場合は毎日20粒から30粒程度でブルーベリーエキスの場合は毎日120〜250mg以上を摂取することで目の疲労回復、病気を予防することが出来ます。

しかし毎日30粒ブルーベリーを食べ続けることはかなり困難だと言えますし、ブルーベリーが大好きな場合は問題ありませんがそうでない場合は毎日は流石に飽きてしまいます。だからブルーベリーを手軽に必要量摂取するにはサプリメントがオススメです。今は様々なメーカーよりアントシアニンのサプリメントが目の疲労回復効果を謳い文句に販売しています。ブルーベリーの1種であるビルベリーのサプリメントは特に人気が高く、ビルベリーの場合は通常のブルーベリーの3倍から5倍程のアントシアニンを含んでいるのです。

ブルーベリー以外にはアントシアニンはナス、紫いもといった食品にも含まれて居ます。ナスや紫イモが紫色をしている理由を説明すると、アントシアニンが紫色だからと言うことが出来ます。通常のブルーベリーの場合は表面のみが紫色ですがビルベリーの場合は中身も全て紫色になっています。つまりそれだけ多くのアントシアニンが含まれているということが出来るのです。サプリメントを選ぶ基準としてはアントシアニンが多く含まれているモノを選ぶのがポイントです。だからビルベリーが原料のサプリメントを選ぶことをオススメします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です