アントシアニンの目の病気、生活習慣病予防効果

Anthocyanin

アントシアニンが視力改善に効果

ブルーベリーが目にいいという話は聞いたことがあると思います。ブルーベリーにはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれています。このアントシアニンに目の働きを高め、眼精疲労を改善する効果があります。
目が見える仕組みは、目に光が入り網膜に当たると、網膜にあるロドプシン(紫色の色素)が光の情報を受け取った後、分解され脳に信号を送ります。すると「見える」と脳が認識します。このロドプシンは再合成され、また新たな光の情報を受け取るという作業を繰り返して「見る」を繰り返します。ロドプシンの再合成が遅れると、視界がぼやけます。アントシアニンは、ロドプシンの再合成を助ける働きがあります。また、アントシアニンは網膜の毛細血管の保護、血流の促進や、角膜・水晶体のコラーゲンを安定させる働きもあります。

アントシアニンの抗酸化作用

紫外線やストレス、食生活から発生する活性酸素が老化の原因です。この活性酸素の働きを抑制し、老化の進行を遅らせる物質を抗酸化物質といいます。アントシアニンは抗酸化力の強い抗酸化物質です。

白内障の予防効果

白内障は老化によって水晶体が白く濁り、目がかすんだり、ぼやけて見える病気です。アントシアニンの抗酸化作用が、水晶体を紫外線から守ることにより白内障を予防します。

緑内障の予防効果

緑内障は何らかの原因で視神経が傷ついて視力が低下する病気です。視神経が酸化物質によりストレスを与えられたために、傷つくといわれています。この酸化作用にアントシアニンの抗酸化作用が働いて緑内障を予防します。

生活習慣病の予防効果

高血圧・糖尿病・動脈硬化などの生活習慣病の原因に肥満があります。アントシアニンは脂肪の合成を低下させ、内臓脂肪・血液中の脂肪の蓄積を抑える働きや血糖値の上昇を抑制する効果があり、肥満解消につながります。また、生活習慣病から糖尿病性網膜症を発症する場合があります。糖尿病になると血糖値が上がり、目の網膜の毛細血管がもろくなり出血し、失明に至るケースもあります。アントシアニンには血糖値を下げる効果があるので、糖尿病性網膜症にも有効です。

アントシアニンの花粉症予防効果

花粉症は体内に入ってきた花粉を有害だと判断して、外へ追い出そうとします。このときにヒスタミンという物質が花粉を追い出そうとして、くしゃみ・鼻水・目のかゆみという花粉症特有の症状がでます。アントシアニンはヒスタミンを減少させます。この花粉症予防の効果はマウスを使った実験で証明されています。

アントシアニンを含む食品

アントシアニンは紫色の色素体ですから、アントシアニンを含む食品は紫色、黒、赤色をしています。良く知られている食品はブルーベリーですが、他にもたくさんあります。
果実では、ブルーベリー、ブドウ、カシス、チェリー、プルーン、ラズベリー、いちご、ビルベリーなど。野菜では、なす、紫いも、紫キャベツ、紫たまねぎ、しその葉です。他には黒豆、桑の実もそうです。最近注目されているアサイーベリーもアントシアニンを多く含む食品です。
アントシアニンは長時間の加熱をしたり、保存期間が長いと減少しますので、新鮮な果実、野菜を食べることが大切です。また、体内に吸収され、その後24時間以内に尿といっしょに排出されます。ですから毎日摂る必要があります。

まとめ

アントシアニンはポリフェノールの一種で、目の視力回復に大きな働きをしています。また、抗酸化物質としても知られ、白内障、緑内障、生活習慣病の予防効果があります。アントシアニンが含まれる食品は紫色、黒、赤色をしています。24時間以内に尿といっしょに排出されるので、毎日摂る必要があります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です