白内障のメカニズムや予防するために出来る事とは

Cataract

白内障の仕組みやメカニズム、治療法とは何か

白内障とはどういうものかというと、眼の中でレンズの役目をしている水晶体が、加齢とともに、だんだん白く濁っていきます。そして、白内障になるとすりガラス越しに見ているような白くかすんだ視界になったり、屋外でまぶしさを感じるようになったりする症状が進むと日常生活に支障が出てくるやっかいな病気です。そして、治療する方法がありますが、手術が必要になり、濁ってしまった水晶体を取る必要があります。そして、手術以外の治療法としては、現在は白内障の進行を遅らせるという方法しかなく、水晶体の濁りを改善したり、濁りの進行を止める事は今現在の医療では出来ないです。手術するタイミングは眼が見えなくなってしまってからでは遅く、手術自体が難しくなってしまいます。しかし、現在の医学は進んでいるので、手術自体も簡単で安全な方法と言われているため、早い時期に手術をする事を進められます。その方が今後の生活が快適になるため、手術を決断する人が大変多いです。

白内障になりやすい原因や生活習慣とは何か

そして、白内障になる原因とは基本的には紫外線が白内障を引き起こす原因と言われていますが、それだけではありません。また、加齢という原因もありますが、若い人がなることもあります。若年性白内障の増加には活性酸素の大量発生が原因と言われており、活性酸素とは放射線や紫外線、運動不足や喫煙などの生活習慣が原因と言われています。また、食生活も大きく原因があり、食事の欧米化が進んでおり、肉類やコレステロールの高い食生活が基本になってきました。そのため、コレステロールなどの脂肪の過剰摂取や野菜不足かが原因と言われています。特に緑黄色野菜には白内障や視力低下を回復してくれるルテインという栄養素が含まれています。そして、喫煙、ストレス、飲酒、運動不足はルテインの吸収を妨げる原因になるためこれらの事を行っている人も白内障になりやすいです。特に、喫煙をしている人は、白内障を助長する大きな原因になるので、気をつけましょう。

もし、白内障になったときに自分で出来る予防法

白内障にもしなってしまったら気をつけることは、少しでも白内障の進行が遅くなるようにすることが一番大切な事です。病院に行くのはもちろんの事ですが、自分で出来る事は何かと言うと、生活習慣病にならないようにすることです。何故なら、糖尿病になると若くても白内障が進行してしまうからです。普段から食生活に気をつけて生活していきましょう。もう一つの予防法は、紫外線を直接浴びるのを出来るだけ避ける事です。何故なら、紫外線をたくさん浴びる人のほうが白内障になりやすいからです。近年、オゾン層の破壊でどんどん紫外線が強くなってきています。そのため、昔よりも紫外線に気をつける必要があります。もし、紫外線が強いときに外に出なくてはいけない場合は、つばのある帽子をかぶりさらに、サングラスをすると効果的です。また、朝と夕方は太陽の高度が低いので、太陽光線が直接目に入りやすいので、可能なら時間帯を選んで外に出かける事も大切です。これらの事を自分で気をつけてみましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です