眼精疲労を訴える人に多い『ドライアイ』とは

ドライアイ

ドライアイとはどのような病気?概要と主な症状

ドライアイは、眼に表面(角膜や結膜の表面)を守るのに不可欠な涙の量が不足したり、涙の質のバランスが崩れることで、涙が均等にいきわたらなくなり、眼の表面に傷ができる病気です。
「涙」は目の表面をおおい、眼を守るバリアのような働きをしているので、ドライアイはいわば「涙の病気」と言えます。
ドライアイという言葉自体は広く使われていて、傷がなくても目が乾くという症状があればドライアイになりますし、涙の量は正常なのに、短時間で涙が蒸発してしまう場合(油層の形成が悪い状態)もドライアイに該当します。
一般的に、目が乾く、眼がコロコロ、ゴロゴロするという症状が多く、軽いタイプのドライアイでは、眼が疲れやすい、充血するという症状もあります。
ちょっとした症状なので、「眼が疲れているのかな・・・」と見過ごされてしまうこともあります。
また、ものの見え方にも影響があり、視力が良くても「ものがかすんで見える」という症状もあります。
悪化したり、重度の場合は視力の低下がみられたり、コロコロという違和感を通り越して、眼痛を訴えることもあります。

ドライアイの原因は?そして、なりやすい人は?

ドライアイは、目の表面が乾燥している状態から引きおこる病気です。そのため、眼を酷使したり、乾燥しやすい状況の人はなりやすくなります。
例えば、次のような方があてはまります。

  • コンタクトレンズを使用している人

    コンタクトレンズを使っている人は、使っていない人よりも眼が乾燥しやすい状態にあります。

  • パソコンや携帯電話などを長時間使用する人

    通常、まばたきは涙の分泌を促し、眼を乾燥から守る働きをしているのですが、パソコンや携帯電話などの画面を見続けていると、まばたきの回数が減って、眼が乾燥してしまいます。

  • エアコンが効いた部屋に長時間いる人

    エアコンは空気を乾燥させてしまいます。そにため、空調の効いたオフィスに長時間いる人、自宅でエアコンを長時間使っていたり、風が直接当たる場所にいる人は要注意です。

  • 運転をよくする人

    運転もパソコン同様、眼を酷使してしまいます。また、車内も空調が効いているため眼が乾燥しやすくなっています。

  • ご高齢の方

    歳をとると、身体同様に眼にも老化現象がおこります。年齢を重ねると涙腺の分泌機能が低下して、涙の量が減ることで、ドライアイを引き起こします。

ドライアイに気がついたらどうすればいいの?

ドライアイを治すには、涙の分泌を増やすのが理想なのですが、そのような治療法は、まだ確立されていません。
そのため、目薬などを点眼して補うか、分泌された涙の乾燥を防ぐ方法しかありません。
「ドライアイ眼鏡」というフードのついた眼鏡をかけて、涙の蒸発を減らす方法や、涙が鼻へ抜けていく通路をふさぐ処置も有効です。
しかし、環境要因がその病状を大きく左右する病気なので、ドライアイを誘引する要因はできるだけ避けるようにしましょう。
コンタクトレンズ、エアコン、パソコンなどのコンピュータ作業は、ドライアイを助長する要因なので、症状がひどい時は、コンタクトレンズはやめて、眼鏡をかける、作業時間を短くするなどの工夫が必要です。
また、エアコンを使用する場合は、同時に加湿器を加えるなどして、部屋が乾燥しにくい状態にしましょう。
目薬を使って乾燥を防ぐことができますが、使い過ぎると、目薬に含まれる防腐剤によって、余計に角膜の表面に傷がつくことがありますので、回数が多い場合は、防腐剤を含んでいないものを使いましょう。
ドライアイは軽い症状の人がほとんどなのですが、時にシェーグレン症候群や関節リウマチなどの自己免疫疾患を合併していることもあります。
眼の乾きが気になる時は自己判断せず、医師の診察を受けることも大切です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です