目の疲れを溜めさせない効果的で簡単なケア方法とは?

Easy care method

蒸しタオルで目の血行を改善

白目が赤く充血している場合は、血流が悪いと言われています。
血行が悪いと、クマが出来やすくなりますので、蒸しタオルで目の回りの血行を良くして、目を休ませましょう。

蒸しタオルの作り方は、簡単です。軽く水で絞ったフェイスタオルを500W~600Wの電子レンジで、30秒~1分加熱するだけです。(火傷に注意して取り出して下さい。)
タオルを瞼の上に乗せて、3分程置きます。ついでに、顔全体を蒸しタオルで覆うと、毛穴が開いて、毛穴汚れが落ちやすくなります。
目の血行が良くなると、目のピント調節力が回復するだけでなく、ドライアイを改善する効果があることが確認されています。
蒸しタオルと作る時に、ハッカやラベンダーなど好みの精油をタオルに垂らして使うと、アロマ効果で気分もリラックスるすることができます。

逆に冷たいタオルで冷やす

長く冷やすと、血行が悪くなりますので、短時間の使用で、目をリフレッシュさせる程度に使用しましょう。蒸しタオルと交互に使用すると、効率よく目の周りの血行を良くすることができます。
メンソール系の目薬を点すと、目がスッキリして充血を解消することができますよ。

疲れ目に効くツボ押し

目が疲れたなと思ったら、眼精疲労に効果のあるツボを押してみましょう。
目の周辺にあるツボを順番に、晴明→攅竹→魚腰→糸竹空→太陽→承泣と押していくことで、目の疲れが取れます。一つのツボを指の腹で約5秒間押すのが、コツです。
また、首の後ろにある風池というツボや、親指と人差し指の付け根にある合谷というツボも眼精疲労に効くツボです。目が疲れたと感じたら、無理をしないで目を休ませることが大切です。

目の体操で目の筋肉をほぐす

パソコンのモニター画面を長時間見続けると、瞬きの回数が極端に減って目の奥が重たく感じたりするだけでなく、首筋や肩も凝ります。
・目をギュッと閉じパッと開ける
・両方の親指を顔の両脇に立て、30cmくらい前に出します。そうしたら、親指の爪を交互に見て、眼筋をほぐしていきます。
・親指を立てて、腕を真っ直ぐに伸ばしたら、ゆっくりと手間に近づけます。この動作を繰り返して毛様体筋をほぐします。

目の疲れが取れるだけでなく、目のピント調節にも効果があります。
目の筋肉を動かすことで、目の疲れた溜りにくくなります。

遠くを見るだけの簡単ケア

一点を凝視し続けていると、目の水晶体周辺にある毛様体筋というピント調整をしてくれる筋肉が緊張して疲れ目を起してしまいます。
しかし、毛様体筋は遠くの景色を見ることで凝りをほぐすことができます。
遠くを見る時は、凝視するのではなく、リラックスした気分で遠くを見ると良いでしょう。特に、青や緑などを見ると良いとされていますので、気分転換に外の景色を眺めると疲れ目が改善されます。

疲れ目に効く栄養分

  • ビタミンAは、目の粘膜を保護したり、網膜を健康に保ちます。緑黄色野菜や、レバー、ウナギ、チーズなどに多く含まれています。
  • ビタミンB1は、目から脳への神経伝達機能を正常に保つ働きをします。豚肉、大豆、玄米などに多く含まれています。
  • ビタミンB2は、目の細胞再生を促進したり、目の充血を改善するなどの効果があります。牛乳、納豆、アーモンドなどに多く含まれています。
  • アントシアニンは、網膜に栄養を運ぶ毛細血管を丈夫する効果があるため、視覚機能を改善する効果が期待できます。他にも、眼病予防の効果もあります。ベリー系の果物や、色の濃い青紫や赤色の食材に多く含まれています。
  • ビタミンCは、コラーゲンの生成など、美肌効果の他に目の毛細血管を強くする働きがあります。イチゴや柑橘類などに多く含まれています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です