パソコン作業で老眼になりやすくなってしまうのか?

Eye of the burden of PC work

パソコン作業の目の負担を減らして、老眼も予防しよう。

今は情報社会と呼ばれる時代です。どんな仕事に就くにしてもパソコンを使う機会が非常に多くなってきました。そんな現代人には欠かせないパソコン作業ですが、どうしても長時間のパソコン作業を続けていると、弊害も発生してきてしまいます。
パソコン作業によって、視力低下などの問題も発生してくるとおもいますが、今回は老眼について着目して見ていきたいと思います。年配の方でもパソコンを使う機会が多くなってきましたから老眼がパソコン作業によって促進されるのかどうかは気になるところですよね。また、今は年齢的に若いという方も将来的に老眼になってしまわないかどうか心配かもしれません。

なぜ、パソコン作業が老眼を早めてしまのか?

では、はたしてパソコン作業が多いと、老眼を早めてしまうことにつながるのでしょうか?パソコン作業は常に画面という一定の距離にあるものを見続ける作業になります。このような近くを見続けるという作業を長時間続けていると、目の中でピント調節をしている毛様体筋を常に緊張させ続けなければならず、目の疲れが発生します。そして、パソコン作業が長時間になればなるほど、目の疲れはどんどん蓄積していきます。そのため、目の老化が進んでいってしまい、老眼にもつながるというわけです。ですから、長時間のパソコンはどうしても老眼の促進に影響してしまうということですね。

老眼の予防するためにはどうしたらいいのか?

では、老眼の促進を予防するためにはどうしたらいいでしょうか?そのためには、まず、パソコン作業によって目の老化を防止すること、すなわち目の疲れを蓄積させないことが大切になってきます。先ほどもいったように目の疲れは、毛様体筋が近くの画面を見続けたときに緊張し続けなければならないことから発生します。ですから、パソコン作業などの近くをじっと見続ける作業をするときには、かならず目の疲れのことを考えて休みをとりながら作業するようにしましょう。パソコン作業に集中していると、つい何時間も休憩なしで作業をしてしまうということがおこったりしますから、体力的には余裕があっても目のことを気遣って、1時間に1回程度は休むと良いでしょう。

休憩時間に出来る予防法

休憩の際には、スマホをいじったり本を読んだりといった近くを見る作業はせずに、窓から景色を眺めたりして、できるだけ遠くのものをみるようにしましょう。そうすることで目のストレッチにつながって、目がゆっくりリラックスすることができます。さらに、目が凝り固まってしまわないように目の運動をすることも効果的です。体を運動させようとすると、スペースが必要ですが、目の運動はもっと簡単に行なうことができます。目を上下、左右にバランスよくうごかしたり、ぐるぐると時計回りにまわして見たり、反対周りにまわしてみたりして目をよくうごかし、目の体操をしてみましょう。

若いうちから老眼予防に気をつけよう

ck-pg30-s3

目をゆっくりと休ませることや、目の運動を通して、目の疲れを抑制し、目の老化を防ぐことができます。このようにしていくことで、老眼になりにくくなっていきます。パソコンの長時間作業が多くて老眼にならないかどうかが心配という方は、目のストレッチや目の運動を試して見てはいかがでしょうか。また、パソコン作業以外にも本を読んだり、勉強、裁縫などをしたりするときに近くを見続ける作業はどうしても目の負担が大きく疲れがたまりやすいです。ですから、パソコン作業を行なう方に限らず、近くを見続ける作業が普段多いという方はぜひ目のストレッチと目の運動をこころがけてみてください。ちょっとしたことですが、いつも続けていることで目の老化を予防し、老眼の発生やその促進もできるだけ遅らせることができるでしょう。老眼になってしまうと不便なことが多いです。若いうちから老眼予防に気をつかっておきたいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です