老眼の正体は何?老眼にならない方法はあるのか

shojyo_top

目が見えるメカニズム

目の構造を説明します。目の表面に角膜があります。その奥に水晶体があり、水晶体のわきに虹彩、水晶体を支える毛様体筋があります。その奥に網膜、視神経、脳へとつながります。目が見えるには、外部から光が目の中に入り、角膜、水晶体に到達します。このとき水晶体はカメラでいうレンズの役割をしています。水晶体を支える毛様体筋が伸縮して水晶体の厚みを調整します。これによりピントが合います。ピントが合うとは眼球の奥にある網膜で像を形作ることです。網膜に達すると、視神経から脳に情報が伝達され、ものとして認識されます。これが見えるということです。

老眼の状態

老眼になると近くが見えづらく、遠くは見える状態だと思われていますが、実は老眼になると近くも遠くも見えづらくなるのです。老眼は水晶体と毛様体筋の衰えが原因です。レンズの役割をする水晶体の弾力が衰えると、厚くなったり薄くなったりするのが難しくなります。また毛様体筋が水晶体を押したり引っ張ったりする力も衰えて、水晶体の調整が難しくなることも原因です。
参考までに、正視・近視・遠視について説明します。正視とは、遠近とも良く見える状態です。近視とは角膜の屈折異常、光が網膜の手前で焦点を結ぶために近くは見えても遠くが見えない状態。遠視とは近視と同様の角膜屈折異常、光が網膜の後ろで焦点を結ぶために遠くは正常に見えるが近くが見えなくなる状態です。
老眼の大きな原因は加齢による水晶体の衰えです。しかし、最近は「スマホ老眼」という若者に多い老眼に似た症状があります。これは、長時間スマホを見ることによって毛様体筋に過度な負荷がかかることにより、水晶体の調節ができなくなることが原因です。水晶体には問題はありません。この場合、スマホを見るのをやめれば治ります。

老眼の原因と予防

早い人で40歳から老眼が始まります。老眼は老化によるものですから避けようがないことです。しかし、老眼になる年齢や老眼の進行の度合いは人によって異なります。これは、老眼になる要因がほかにもあるからです。パソコン、スマホ、ゲームなどを長時間見ると目が酷使されます。また、ストレスやファーストフードなど栄養バランスの悪いものを頻繁に食べると老眼が早く始まります。
これらの原因を取り除くことが、老眼予防になり、老眼になったとしても老眼の進行を遅らせることになります。第一には疲れた目のケアをすることです。パソコンやスマホを1時間見たら、遠くに焦点を合わせて目をリラックスさせましょう。目をぐるぐる回したり、遠近を見る動作を繰り返して、目の周りの筋肉をほぐし血流を良くしましょう。たっぷり睡眠をとることも大事です。また偏った食生活はNGです。体を酸化させる食品は体ばかりでなく目も老化させます。運動不足、メタボリックなど生活習慣病を起こす恐れがあることはすべて、老眼を早める原因になります。

まとめ

老眼は加齢により、水晶体の弾力がなくなり水晶体が収縮しずらくなること、ピントの調整の働きをする毛様体筋が衰え伸縮力が弱ることが直接の原因です。しかし、老眼の始まる年齢は人によって違います。パソコンやスマホの普及により、長時間目を酷使することが多くなったことが原因です。またファーストフードなどの酸化を促進する食品の摂りすぎや紫外線・過労・たばこなどのストレスも老眼を早める原因となります。日常生活の中に目をケアする習慣を取り入れ、栄養バランスのとれた食生活をし、運動を積極的にするなど健康的な生活を送れば、老眼は予防できます。たとえ老眼になったとしても老眼の進行を遅らせることができるのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です