仕事や作業で疲れた目をすぐに元気にする方法

How-to-energetic-eyes2

疲れ目だけでなくうつ病も予防できる簡単ケアを紹介

現代は仕事でパソコンを使い、趣味でゲームをして、移動手段は車と目を酷使しなければ出来ない事が多くあります。
これらの作業をしていると集中する為まばたきの回数が減ってしまい、目がドライアイなど常に乾燥して疲れやすくなってしまうという現象が起こってしまいます。
このような症状が悪化すると頭痛や肩こりを伴い最終的には吐き気などへとつながってしまうのです。

そんなひどい症状が出る前に、長い時間目に負担のかかる作業をする場合は目を休めるためにも1時間に10分位休憩を取りましょう。
パソコン作業の休憩にゲームをして悪化させるなんてことはさせないようにしましょう。遠くを眺めるなどでも効果はありますが、休憩効果を高める為に簡単にできるストレッチやマッサージなどをご紹介いたします。

目が疲れる原因の一つとして、目を動かすために使う目の周りの筋肉の疲労があります。
運動後にストレッチをして筋肉痛を防ぐようにこの目の周りの筋肉をストレッチするだけで、目の疲労回復にはかなりの効果が期待できます。

まずは、数メートル先をみて、手元をみるという方法です。
家や職場だとちょっと遠くにある時計やカレンダーなどをみて、その後胸の前で手を組んでその手を見るという動作を繰り返し20回位行うとやりやすいと思います。
外に出ることができるのであれば、もっと遠くを見てみると更に良いです。
更にまだ時間がある場合は、目をぎゅっと力を入れて閉じ、その後力を抜いて目を見開きます。この動作を2~3回繰り返します。そして、目を上下左右にゆっくりと動かし、右回り左回りとゆっくりと両目を回します。
この一連の動作で眼球を動かして筋肉の疲れをほぐし、まばたきをすることで乾燥を防ぐことが出来疲れ目の解消に役立ちます。
次に簡単にできる疲れ目対策のマッサージを紹介します。
このマッサージを行うことで、目の周りのツボをほぐして、頭や首なども楽になるので、疲れで作業に集中できなくなった時に行うと効果は絶大です。

目の周りを触って見ると目は骨で囲まれているということがわかると思います。その骨を指の腹で軽く押さえましょう。
その中で気持ちが良いと思う所があれば少しだけ力を入れて刺激します。皮膚をこすりつけたり眼球を抑えてしまうと逆効果になることもありますのであくまでも優しくマッサージしましょう。

次にこめかみを指で軽く押して、押したまま丸を描くように指を回します。あくまでも軽く丁寧にゆっくり押しましょう。

最後にご紹介するのは目を温めることで疲れを取り除く方法です。
先ほどのマッサージやストレッチをしても疲れが取れない場合だけでなく、寝る前やお風呂の後になどリラックスしたい時などに行うと効果的です。
やり方は非常に簡単です。温めた蒸しタオルを目の回りに当てるだけただそれだけです。

温かい蒸しタオルを目に当てる事で目の周りの血行が良くなり、交感神経から副交感神経へと切り替える事ができリラックス効果があります。
交感神経は緊張している時や集中している時に使うもので、現代人はこの交感神経の使いすぎといわれています。
この交感神経からリラックスしている時に使われる副交感神経へと切り替えるという事は目にいいだけでなく、疲れた脳や筋肉、内臓などもリラックスさせることが出来ます。
これを切り替えると言うことは人体の構造上でも必要不可欠なもので現代人の身体が苦手としているものでもあります。
この切替をしっかり行うことでうつ病などのリスクも減らす事ができるとされており一石二鳥どころか三鳥にも四鳥にもなる非常に優れたものです。

また、この温かい蒸しタオルは水に濡らしたタオルをレンジで温めるだけで簡単に作れますので気軽にリラックスすることができるのです。

以上のようにストレッチやマッサージ、目をタオルで温めるといった簡単なケアをするだけで、目の疲れを取るだけでなく身体をリラックスさせ、更にはうつ病などの病気も予防することができるのです。ぜひ試してみてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です