疲れ目を難しい言葉で言うと眼精疲労だと思っていませんか

Eyestrain

眼精疲労は目が疲れるだけでは済まされない

眼精疲労は、目を酷使し続けることにより、眼痛、目のかすみ、充血などの症状や、それに伴って頭痛、肩こり、吐き気などの症状が起こることをいいます。
眼精疲労になると、休息をとっても十分に回復しないため、イライラするなど精神的にもよくありません。
コンタクトレンズを毎日長時間装着している方や、仕事でパソコンを長時間使用している方は、眼精疲労になりやすい傾向にあります。

眼精疲労の原因は、目を酷使することが原因とは限りません。メガネやコンタクトレンズの度が合っていなかったり、老眼に気付かないでいたりする場合でも眼精疲労になります。また、緑内障や白内障といった目の病気でも眼精疲労の症状がでますので、単に目が疲れていると決めつけるのは、危険です。

また、精神的なストレスも眼精疲労の原因になっている場合があります。
目のピント調節を行う毛様体筋は、自律神経によって支配されていることから、目が疲れると自律神経が乱れて、全身に身体の不調が現れるのです。

どうして眼精疲労になってしまうのでしょうか

眼精疲労の原因は様々ですが、最も多いとされるのは、目の使い過ぎではないでしょうか。
眼球には、角膜・水晶体と呼ばれるレンズの役割をする場所と、ピントを絞る虹採、眼球の奥に位置している網膜というフィルムの役割をしている場所があります。
毛様体筋は、水晶体の厚みを変えることで、ピントを調節しています。
そして、目の表面は瞬きをすることで、涙が出て乾かないようになっています。涙は、乾燥を防ぐだけでなく、目に栄養を補給する働きをします。
こういった眼球の働きがどれか一つでも低下すると、眼精疲労になってしまいます。

それから、度の合っていないメガネやコンタクトレンズを使用していると、無理にピントを合わせようとするので、目に負担がかかります。
また、コンタクトレンズを長時間装着することで、ドライアイの症状に悩まされる場合があります。ドライアイになると、角膜に傷が付いたり、目の不快感などの症状が起こります。
眼精疲労の症状が続くと、集中力が低下し、仕事の能率も下がります。

眼精疲労になったらどうしたらいいのでしょうか

眼精疲労の原因は様々です。
ただの疲れ目だと思って放置していたら実は、高血圧、糖尿病などといった病気が原因の場合もあります。
また、近視や遠視、老眼など見え方に異常があることに気が付かないでいると、目に負担をかけて、視力が更に低下してしまいます。
目の状態に不安を感じたら、定期的に病院で診察を受けましょう。
そして、長時間パソコン作業を行う際は、1時間毎に10分程度の休憩を取って、目をリラックスさせましょう。遠くを見たり、ツボ押しをするなどして目の疲れを取るように心掛けて下さい。肩甲骨を回すなどの簡単なストレッチは、肩の筋肉をほぐし血行を良くしますので、適度な運動も生活に取り入れるようにしましょう。
また、アイピローや蒸しタオルを使って目を温めると、目の血行が良くなって目が楽になります。
目薬やサプリメントを使って目に栄養を与えると、目の疲労回復が早くなりますが、しっかりと睡眠時間を取って、脳と体を休息させることも大切です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です