老眼の進行を遅らせるための方法と老眼鏡の選び方

老眼正しい知識

どうすれば老眼の症状を緩和することが出来るか

老眼の症状

老眼の症状は眼のピントが合わない状態で、近くのモノが上手くピントを合わせることが出来なくなります。そして遠くはしっかり見えるのが特徴で暗い場所ではモノが見えにくい、小さな文字が見えにくい場合は老眼の可能性が強いと言えます。

近視と老眼の関係

近視の人は老眼になりにくいというのは根拠がない間違った認識だと言えます。老眼は誰にでも起こる老化現象だから加齢に伴ない45歳くらいで老眼用のメガネが必用となる人が増加します。現代社会はスマホ、パソコン、ゲームといった目を酷使する場面が多いので老眼は早める傾向があります。だから正しい知識を得て予防、目の疲労対策をすることが重要です。

夕方老眼、週末老眼とは

朝は全く問題がないのに夕方になると近くの文字がよく見えないといった症状を夕方老眼といい、週末に同様の症状が出るケースを週末老眼といいます。年齢問わず疲労が原因で起こる目の不調で老眼の早期発症になる恐れがあると言えます。

老眼のメカニズム

老眼というのは水晶体の硬化、毛様体筋の衰え、虹彩の動きの鈍化により起こります。老化現象なので食い止めることは不可能ですが症状を緩和することは出来ます。

老眼を放置したらどうなる

老眼鏡はかけたくないと放置したら眼精疲労、さらに視力低下に繋がります。また目の疲労による頭痛、肩こり、食欲減退といった症状が出てくる場合もあるので老眼の症状が出てきた場合は速やかに老眼用のメガネを使用することをオススメします。

老眼と認知症リスク

アメリカの研究では老眼を放置すると視力低下が起こり、脳が活性化する活動機会も大きく減るので認知症発症のリスクが上がるという結果が出ています。

老眼の進行を少しでも遅らせる方法

紫外線は眼の老化を促す働きがあるので、紫外線対策としてサングラスが有効です。さらに帽、日傘、日焼け止めクリームも合わせて使用することで効果はアップします。

また緑黄色野菜の摂取も心がけましょう。眼の老化は添加物の摂取や睡眠不足、ストレスなども影響しています。眼にいい食事というのはビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンなどで、食事が不規則に人はサプリで摂取して下さい。

さらに老眼の早い段階で眼鏡を使用することで眼の負担を軽減することが可能です。老眼の症状が出た場合は毛様体筋に余分な負担をかける前に早めに老眼用のレンズを使用するようにしましょう。また正しい眼鏡の選び方を知っておくことも大切です。まず既製品ではなく自分の視力にあったレンズを選びましょう。また目的に適したレンズを使ってください。あとフレームもデザイン性を重視したモノよりも長時間かけていて疲れにくいモノを選ぶように心がけましょう。

レンズもあまり強いモノだと長時間かけていると逆に疲れてしまう場合があるので、少しゆる目の度数にすることをオススメしますし、眼鏡に慣れるまでは最初は数時間くらい使用し、徐々に時間を長くしていくようにするといいでしょう。

老眼鏡といった言葉から従来の既製品、一部に境目があるレンズの眼鏡をイメージする人も多いと思いますが、近年は遠近両用メガネ、さらには遠近両用のレンズのコンタクトも進化しています。だから老眼鏡だからと言って躊躇する必要はなく30代くらいから利用している人も少なくありません。目を酷使する仕事についている人ほど目の老化は早くなってしまうので、そうならないように対策をして老眼の症状が出た場合は速やかに医師もしくは眼鏡屋さんの店員に相談することをオススメします。そうすることで老化のスピードを抑えることは可能ですし、眼鏡のレンズと異なり目の水晶体は取り替えることが出来ないのですから上手に付き合っていきましょう。

『老眼の進行を遅らせるための方法と老眼鏡の選び方』へのコメント

  1. 名前:Mr WordPress 投稿日:2015/11/05(木) 12:42:15 ID:589fc6ab0 返信

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です