人はなぜ老眼になってしまうのか?その理由と対策について

How to heal eyestrain6

老眼の原因を知ってしっかり予防策を取っておこう

老眼はその名の通り、年を取れば誰でもなりうる老化現象のひとつです。
とはいえ、同じ高齢になってもなかなか症状が出ない人がいたり、あるいはその逆に、40代の若いころからすでに症状が出ている人もいます。
いったい、なぜそのような個人差があるのでしょうか?

人間の眼球はどんなふうにできているのか?

どうして老眼になるのかを知るには、まず私たちがどのようにして眼でものを見ているのか、ということを知っておかなければいけません。
物を見るために必要なものは、もちろん眼球です。
この眼球の構造を詳しく見ていくと、まず一番表面を黒目にあたる角膜が覆っています。
その後ろには瞳の外側の部分、日本人でいえば黒目の茶色い部分にあたる虹彩があり、真ん中には瞳孔と呼ばれる円い穴があります。
そしてその後ろでレンズの役割を果たしているのが水晶体、そして眼球の裏側でスクリーンの役割を果たしているのが網膜です。

眼球がものを見るときのメカニズムとは?

この眼球は、ものを見るときにどのような働きをしているのでしょうか。
まず、物体から反射した光が角膜を通ってレンズである水晶体に当たります。するとレンズによって屈折した光が、眼球の裏側にある網膜に当たることで、像を結びます。
その像の情報が視神経によって脳の視覚野にまで送られると、私たちの頭のなかで映像が作り出されるわけです。
この過程で光がレンズを通るとき、光をうまく網膜にピントを合わせるために、レンズの厚さを変えて屈折率を調節する必要があります。
その役割を果たしているのが、水晶体をぐるりと取り囲んでいる毛様体筋です。
毛様体筋が水晶体を引っ張ることでレンズの厚さが変わり、しっかり焦点の合った映像を脳に送ることができるようになるわけです。

老眼になるとピントが合わせられなくなる

毛様体筋は、近くからの光ならレンズを厚くすることで、遠くからの光ならレンズを薄くすることで、うまく網膜にピントを合わせようとします。
しかし、これがうまく調節できないと像がぼやけてしまい、ものがぼやけてはっきりと見えなくなってしまいます。
若いうちはこの機能が十分に働いているのですが、年齢を重ねるにつれて毛様体筋の筋力が衰えたり、水晶体の弾力性が失われることで、この調節がうまくできないようになってしまいます。
これが、いわゆる老眼です。
老眼というと、近くのものが見えづらくなるというイメージを持たれがちですが、実際にはこのようにうまくピントが合わせられなくなるため、遠くのものでも同じように見づらくなってしまいます。
そのため、わざわざ読んでいる本を遠ざけたり近づけたりして、ものを動かすことでピントを合わせようとしているわけですね。

老眼になったらすぐに対策を取って無理をしない

老眼になってしまうと、眼が疲れやすくなり、夕方や薄暗い場所ではものが見にくくなります。
はじめのうちは我慢をしたり、あるいは知らず知らずのうちに無理をすることで眼が疲れ、肩こりや頭痛、時には吐き気などの症状に見舞われることもあります。
このようなことを繰り返していると、かえって老眼の進行を早めてしまうことがあります。
現在では伝導性角膜形成術などで治す方法もないわけではありませんが、基本的には老眼鏡や老眼用コンタクトレンズを使って対策することになります。
弱い近視程度までなら凸レンズのものを使いますが、かなり強い近視の人には凹レンズの度を弱めたものを使います。
また、ものを見る距離によって、たとえば読書用やパソコン用というように、使い分けることも重要です。

老眼の進行を遅らせるにはどうすればよいのか?

老眼自体を治すことは基本的にはできませんが、生活習慣を改めることで進行を遅らせることはできます。
そのためには、まずビタミンA、B1、B2。C、Eをしっかり摂るようにし、あまり眼を使いすぎないようにしましょう。
眼が疲れたら、遠くを見たり、温かいタオルを当てることでしっかり目を休ませます。
毛様体筋を衰えさせないよう、眼球の運動を行っておくのも有効です。
また、紫外線もよくないので、普段からUVカットの施された色の薄いサングラスや保護メガネをかけておくとよいでしょう。
ブルーベリーに含まれるアントシアニンには、視力回復効果があり、老眼にもよいのでおすすめです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です