目に良いことは美容にも良いって知ってましたか?

目に良い成分を毎日摂取して目の健康を保ちましょう

ビタミンB群は、水溶性ビタミンです。疲労回復の他、神経や筋肉の機能を正常に保つ働きをします。なかでもビタミンB1を摂取することで、目の回りの筋肉の疲れを取り、目の神経を正常にします。
ビタミンB群は、水溶性なので、体に蓄積されずに尿に排出されますので、毎日摂ることで効果を継続的に得ることができます。
目薬を選ぶ時は、ビタミンB1が含まれているものを選ぶと良いでしょう。

ビタミンB2は、目の充血や視力回復に効果があるとされています。ビタミンB2が不足すると、目の疲れからくる結膜炎などにかかりやすくなります。

ビタミンB6は、水晶体と毛様体筋を構成するタンパク質の吸収に欠かすことができません。神経伝達物質の合成にも関わりのある成分なので、視神経の働きを良くする重要な成分です。

ビタミンCは眼球に一番多く含まれています

水晶体や網膜の黄斑部は、紫外線など光のストレスに晒されているため、酸化変性しやすい場所です。
ビタミンCは、水晶体の鮮度を保つ効果があります。そして、ビタミンCは、水晶体の透明性を維持し、硬化を防ぐ働きをするため、老眼を予防したければ、ビタミンCを摂取すると良いでしょう。
また、ビタミンCは、コラーゲン生成に欠かせません。角膜と、水晶体はコラーゲンで構成されていますので、美肌だけでなく目の健康のためにもビタミンCを摂取しましょう。
ビタミンCが不足すると、水晶体が白く濁ってしまう白内障などの目の病気にかかりやすくなります。
野菜や果物を毎日意識的に食べるようにするか、サプリメントで補給するようにしましょう。

ビタミンAは目の健康維持に欠かせません

ビタミンAは、脂溶性ビタミンの一種で、目の健康維持や皮膚粘膜を健康に保つ効果があります。ビタミンAが不足すると、見えにくくなったり、光を見た時に過剰にまぶしく感じたりします。酷くなると、夜盲症などを起してしまいます。過剰に摂取すると、脂肪肝など、肝臓に不調をきたす原因となります。
ビタミンAは、鶏レバーや豚レバー、ウナギ、たらなどの他に、緑黄色野菜に多く含まれています。

疲れたらマッサージ

頭蓋骨の最も窪んでいる、うなじの窪んだ辺りにある風池は、目の疲れを取るツボです。親指で、頭の中心に向かって押していきます。
それから、目をギュッと閉じたり、近くと遠くを交互に見るなど目のストレッチも目の筋肉の疲れを取る効果があります。パソコンなどの作業を1時間以上続けたら、合間に目を休めるためにもマッサージやストレッチを行いましょう。

目のために摂りたいサプリメント

アントシアニンは、ビルベリーやカシスに多く含まれています。
ビルベリーを食べると、明るい所から暗い所に入った時の目の慣れ方など、視力を改善する効果や近視、眼精疲労、眼圧などに効果があるとされています。
これは、アントシアニンによって、目の網膜にある細胞が活性化されて、視覚機能が向上するからです。
近くの物を長時間凝視し続けると、水晶体の厚みを調整する毛様体筋が緊張して、目が疲れてしまいますが、アントシアニンが緊張を和らげてくれるのです。
アントシアニンは、白内障や緑内障といった眼病を予防する効果もあることが知られていますが、内臓脂肪の蓄積を抑えるダイエット効果や、血行を良くして、目のクマを改善する効果もあります。
アントシアニンは、摂取すると約15分後には、効果を発揮する即効性の高さと、持続性で人気のある成分です。
アントシアニンの効果は、約24時間で無くなってしまいますので、毎日サプリメントで飲み続けることが重要となります。
また、アントシアニンと相性の良い成分として、ルテイン、メグスリノキ、βカロテンなどがあります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です