ルテインに関する説明と効果、摂取方法について

Lutein

ルテインは目の健康に不可欠な栄養素でその効果について

目の健康に欠かすことが出来ないルテインについて説明します。ルテインは目の水晶体、黄斑部にある成分でアントシアニンと同様に抗酸化作用があります。緑黄色野菜に多く含まれていて白内障、飛蚊症の予防、他にもブルーライトによる目の疲れを予防する効果があります。

ルテインの効果についての説明

ルテインには強い抗酸化作用があります。抗酸化作用とは老化や病気の原因となる活性酸素を除去する働きのことで、ルテインは目に関しては効果がかなり期待できますし目を健康の為に不可欠な成分だと言えます。蛍光灯やスマホ、パソコン、テレビなどのブルーライトから目を守る作用があります。ちなみにブルーライトは活性酸素を発生する作用があり目にダメージを与えます。目の水晶体はカメラで説明するとレンズの役目があり、水晶体にあるルテインが水晶体を通り抜けて届くブルーライトを防御してくれます。なのでルテインの効果により目はブルーライトから守ることが出来ます。だからルテインは天然のサングラスとも言われいるのです。
またルテインには白内障や飛蚊症、さらには黄斑変性症を予防する働きがあります。白内障という病気は水晶体にあるタンパク質が活性酸素の働きで白く濁ってしまう症状が出ます。水晶体は子供の時は誰もが透明な状態ですが、加齢に伴ない光のダメージを受けて白く濁ってしまいます。そして一度水晶体が白くなってしまうと透明な状態には戻りません。ルテインはそんな有害な光をブロックするので白内障の予防に効果的です。

網膜は光と色を認識する細胞が1億個以上存在し、それらの細胞が光に晒されダメージを受けてしまいます。黄斑部変性症というのは黄斑部が光によりダメージを受けてしまう病気で、症状はモノの大きさ、色が実物とは異なって見えてしまったり、モノが動く、曲がって見えるなどの症状が出てきます。最悪のケースでは失明する恐れがあると言えます。ルテインは黄斑部変性症にも効果があり1日10mgのルテインを摂取することで症状が改善するといった結果が出ています。アメリカにおいては2007年より4,000人以上の人に6年間の臨床試験が行った結果ルテインとゼアキサンチンを摂取したことで黄斑部変性症の予防が出来ることが認証されました。黄斑部変性症の初期症状の飛蚊症に対しても効果があります。

ルテインにはコントラスト感度をアップする作用もあります。ちなみにコントラスト感度はモノの濃淡を判断する能力で、115名にルテイン10mg、ゼアキサンチン2mgを3ヶ月投与した結果コントラスト感度がアップしたといった結果が出ています。

ルテインは抗酸化作用だけではなく抗炎症作用がありブドウ膜炎といった眼病予防も期待できます。今紹介したのがルテインの代表的な効果で、ブルーライト、白内障の予防といった目を健康に不可欠な栄養素と言えます。

ルテインの摂取方法

ルテインというのは緑黄色野菜に沢山含まれていて、中でもほうれんそうやにんじんに多いと言えます。ルテインの摂取目安は1日6mg以上で、野菜から摂取する場合はほうれん草なら4株以上、人参の場合は10本相当を摂取する必要がありますが、現実問題不可能です。だからサプリメントで摂取することをオススメします。
ルテインを効率よく摂取する方法はビルベリーエキスと一緒に摂取することです。ブルーベリーの一種でアントシアニンの含有量が高いビルベリーと一緒に摂取したら吸収率がアップします。他にもルテインと同様の働きをするゼアキサンチンを一緒に接するといいでしょう。 ルテインは、ビルベリーエキス、ゼアキサンチンと共に摂取することで効果がアップします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です