モノビジョン-左右アンバランスな視力で老眼を乗り越える

Monovision3

モノビジョンとは左右アンバランス

右目は正視(例1.5)、左目は近視(例0.6)とわざと左右の度を変える方法があります。このようにアンバランスな調整をわざとすることをモノビジョンと言います。
メガネでもコンタクトレンズでも、近視の手術(レーシック)でも、白内障手術でも、左右の度をわざと変える方法はしません。左右の度は同じにします。左右の度が同じ方が、バランスがとれており違和感がなく立体的にものを見やすいからです。実際めがねも作りやすいのです。にも関わらず、モノビジョンという考えがあるのは、老眼の人はモノビジョンにすると見やすくなるからです。

左右の目が同じ度の場合

老眼になると近くが見えにくくなります。これは、加齢により水晶体が老化しピントが合いにくくなるからです。正視の人が老眼になると、近くが見えなくなるので老眼鏡が必要です。近視の人は老眼になると、近くは変わらず見えるので老眼鏡は必要ありません。たいていの人は左右の目は同じ度数ですから、近視の場合は近視用めがね、老眼の人は老眼鏡を、あるいは遠近両用めがねをかけます。

左右の目が違う度の場合

たまに右目は正視、左目は近視という人がいます。こういう人は右目で遠くを見るので近視のめがねをかけなくても遠くは一応見えます。ただ左右のバランスが悪いので、立体的なものを見るときには少しばかり支障があります。
この人が老眼鏡をかける年齢になると、左目の近視の目で近くを見ることができ、正視の右目で遠くを見ることができるので、老眼鏡をかけなくとも近くも遠くも見えます。
この人は両目で見ているのではなく、片目をそれぞれ近くを見るときと遠くを見るときで使い分けているのです。これがモノビジョンです。
自然とモノビジョンになっている人の場合、近くを見たり遠くを見たりするときに上手に脳が使い分けをしているようです。そういう人にめがねやコンタクトレンズは必要ありません。かえって適応できず、見えにくく感じたり、頭がいたくなったりするそうです。

モノビジョンを利用した見方

左右の目がモノビジョンの人が老眼になっても老眼鏡をかけなくともいい場合があることから、わざとモノビジョンにすると老眼鏡をかけなくともよいのではないかと考えられました。
そこで、モノビジョンのめがねを作りました。片方のレンズは近視用で、もう片方のレンズは遠視用です。するとものの見え方は近視のレンズは小さく見え、遠視のレンズは大きく見えます。しかし、左右の度が大きく異なるので脳が対応できず、眼精疲労や頭痛が起こり長時間使用できませんでした。
コンタクレンズの場合は、左右の度が異なっても、左右で大きさが同じに見えるのでモノビジョンは可能です。片方のコントクトレンズを正視に、もう片方のコントクトレンズを近視にしたものを作りました。しかし、モノビジョンの状態に脳が慣れるには、かなりの時間が必要です。コンタクトレンズでは、やっとモノビジョンに慣れ始めても、外せば元通りなので慣れることができません。

白内障手術の場合

白内障手術は白濁した水晶体(レンズの役割をする)を砕いて除き、眼内レンズを取り付けます。このレンズを片目は正視で、もう片方の目を近視のレンズにするモノビジョン法があります。成功すれば、老眼鏡をかけずに見えるようになります。
このように理論上はモノビジョンは可能ですが、わずかの誤差で結局、術後もめがねが必要になるケースがあります。また誤差なく手術は成功したとしても、脳が左右の目の使い分けをうまくできず、近くも遠くも良く見えないというケースもあります。
モノビジョンにはこうした利点と問題点があります。これをよく理解したうえで、モノビジョンの手術を受けるかどうかを考えてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です