知っておきたい!若年層にも広がる老眼の対策方法

Presbyopia care8

誰でも簡単!今日から始められる老眼対策とは

通常は40歳を過ぎたあたりから始まる老眼ですが、最近は20~30代の若い世代でも老眼になる人々が増えているそうです。
老眼になってしまうと新聞や本を読んだり、スマホやPCなど手元での作業が見えづらく難しくなってしまいます。
また老眼を放置しておくと、眼精疲労を引き起こしてしまうんです。
そんな老眼対策として、自分でも手軽に出来る方法を紹介したいと思います。

目に慢性的な疲れを残さないようにしよう!

何も老眼対策に限ったことではありませんが、眼精疲労は目の健康を守るためには大敵です。
眼精疲労の大きな原因は、目を酷使したり負担をかけることになります。
ですからこうした目の疲れをとったり、負担を取り除くことが大切です。

視力にあったメガネやコンタクトを使う

視力にあっていないメガネやコンタクトを使い続けていると、目がピントを合わせようとして過度に緊張し疲労してしまいます。
ですから定期的に検査を受けて、自分にあったメガネやコンタクトを使いましょう。
同じように目が悪くなっているのに、メガネ等で視力を矯正せずに裸眼でいるのもいけませんよ。

ドライアイに気を付ける

ドライアイとは、涙の量が不足する等して角膜を涙で守る事が出来ず、角膜に細かな傷が付きやすくなってしまう症状です。
PCやスマホの画面をジッと見つめる事で、まばたきの量が少なくなったり、コンタクトにより目が乾くことでドライアイになります。
ですからPC作業中等も意識してまばたきを行ったり、涙の成分と同じ目薬をさすようにしましょう。

ブルーライトをカットするメガネを利用しよう

スマホやPCなどの液晶画面から出ているブルーライトは、眼精疲労やその他目のトラブルの原因となります。
PCやスマホを使う時は、ブルーライトをカットする特殊なメガネをかけましょう。

目を温めるのもオススメ

目を温めるのも眼精疲労には最適です。
タオルを水で濡らし軽く絞った後、ラップをして500Wレンジで1分~1分半温めてホットタオルを作ります。
ホットタオルを折りたたんで閉じた瞼の上に冷めるまで置いておきましょう。
市販でも目を温めるアイテムが販売されていますから、こうした製品を使うのもいいですね。

目が疲れたと思ったら少しでも休めよう

目が疲れたなぁと思ったら、しばらく目をつぶってみたり遠くをぼぉ~っと眺めるようにしましょう。
少しの時間でも目を休めるだけで全然違いますよ。

眼筋トレーニングをしよう!

老眼は眼の筋力が衰えてピントが合わせにくくなります。
ですから眼筋トレーニングも老眼対策には有効です。
眼筋トレーニングには色々な方法がありますが、中でも簡単なものを紹介します。
まず、顔の高さで腕を伸ばしながら人差し指を突きつけ、そのままゆっくりと大きく∞を書くように動かします。
顔や体は正面のまま動かさず、視線だけで人差し指の動きを追いましょう。
これを1セット3回、1日に3セットは行って下さい。
絵を見るだけで眼筋トレーニングが出来る本も売られていますから、それでも構いません。

カラダの内側から老眼対策!

老眼対策には、カラダの内側から摂取する栄養も大切です。
一番大切なのは、なんでもバランス良く食べる事ですが、特に効果的な栄養素について紹介します。

ビタミンA

人参やカボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれているビタミンAは、目の潤いを守りドライアイの予防・改善に効果的です。
ビタミンAは、脂溶性なので油で調理をして食べる事で吸収率が高まります。

ビタミンC

抗酸化力の高いビタミンCは、目の酸化を防ぎ老化対策には効果テキメンの成分です。
ビタミンCは1度に多くの量を摂るよりも、こまめに摂取するようにしましょう。

ビタミンE

ビタミンEもビタミンCと同じで抗酸化力の強い成分です。
目の老化を予防し、眼筋の疲れやダメージを修復します。
ビタミンEが多い食材としては、アーモンドが有名です。

ビタミンB

目薬にも多く配合されているビタミンB群は、筋肉の疲労を取り除き水晶体の機能を回復する等様々な働きをしてくれます。

ルテイン&アントシアニン

老眼を始め、そのほかの目のトラブルにも有効で眼精疲労に効果的な成分です。
アイケアサプリメントとして欠かせない二大成分になります。
ルテインはほうれん草や芽キャベツ、アントシアニンはブルーベリーに多く含まれています。

終わりに

大人から子供まで目を酷使する事が増えた現代人は、老眼が早まるのも当然の事と言えるでしょう。
ですが上記のようなちょっとした心がけだけでも、随分と老眼の予防に繋がります。
お金もかからず自分で手軽に行える方法なので、是非実践していつまでも若々しい目を保ちましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です