老眼の原因と絶対知っておきたい対処・予防方法

Lens

老眼の原因は水晶体の硬化と毛様体筋の運動不足にアリ?

老眼の原因として一番に思いつくのは、やはり「老化」ではないでしょうか。そしてやはり実際に一番大きな原因も「老化」です。ではなぜ老化により老眼となるのでしょうか?その一因は、加齢と共に水晶体の機能が衰え、弾力性が無くなるためです。
人が物を見るとき、外から目の中に光が入り、角膜から水晶体を通ります。水晶体は毛様体筋によって厚さを調節され、ピントを合わせる役割を持っています。ですので、水晶体の弾力性が無くなると、厚さの調節が上手くいかなくなり、ピントを合わせられなくなってしまいます。近くを見るときは厚く、遠くを見るときは薄くすることでピントを合わせますが、弾力性の低下は特に水晶体を厚くすることが難しくなりますので、近くにピントが合わずに見辛くなるというのが老眼の症状です。実際は、弾力性の低下によってピント調節可能な範囲が狭くなっていますので、近くだけでなく、調節しなければ見えない範囲全体が見辛くなっていいるはずです。
また同時に、水晶体の厚さ調節を行う毛様体筋も、筋力や機能の衰えが出てきます。ピントを調節する機能自体が上手く働かなくなれば、当然老眼の症状が出てきます。
まとめますと、ピントを合わせづらくなり、近くのものが見え辛い老眼となる原因は、水晶体の弾力性の衰えと毛様体筋の筋力低下であると言えます。

 ではなぜ、水晶体の弾力性は無くなってしまうのでしょうか。

まず水晶体は柔らかいたんぱく質によってできていますので、酸化変性してしまうと徐々に硬化します。酸化とは、細胞が錆びるとも言える現象で、紫外線やストレス、栄養不足や放射線などによって起こると考えられています。特に紫外線による影響は大きく、水晶体は網膜を紫外線から守るために吸収するといった役割も担っていますので、長年の積み重ねで徐々に酸化が進みます。このような原因により発生した活性酸素は、通常は人が本来体内に持っている酵素によって除去されるのですが、この酵素もまた加齢により徐々に減少してしまいます。そのため、老眼原因を完全に断ち切るためには、食生活の見直しなどで酸化に立ち向かう力を高める必要があります。

 水晶体の硬化について、さらに詳しく見ていきます

水晶体の細胞というのは、表面でつくられますので、古い細胞は奥へと入り込み、最終的には真ん中に集まります。水晶体は密閉構造ですので、古い細胞を排出する術がありません。そのため、古い細胞は蓄積し、水晶体全体に酸素や栄養が届きにくくなってしまいます。栄養が届かなければ、当然組織の酸化や劣化が進み、水晶体の硬化が進みます。一度硬化した水晶体は元には戻せません。これが硬化のメカニズムです。
さて、先ほど老眼原因には毛様体筋の衰えも挙げましたが、その原因も老化だけとは言えません。パソコンでの長時間作業に従事したり、携帯電話や携帯ゲーム機を見続けたり、目を知らず知らずのうちに酷使している現代人の生活そのものが原因となり得るのです。目の筋肉を動かす機会が少なくなると、目も運動不足となり、筋肉は疲れ衰えてしまいます。30代から老眼が始まる、なんて話も最近は耳にしますが、それはこういった事情が関係しています。さらに、体全体の血行が良くなければ、目に栄養を与える細い血管や毛様体筋にも悪い影響が出てきます。さらに、目の筋肉は毛様体筋だけでなく、外眼筋や虹彩筋などがありますので、毛様体筋同様こちらの筋肉が衰えてしまっても老眼の原因の一つとなってしまいます。
対応としては、目のストレッチやマッサージを行ったり、体全体を動かして運動不足の解消に努めたり、抗酸化作用のあるサプリメントで補ったりすることが必要になるでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です