原因は目の運動不足!?30代に広がる老眼の危機と解消法

Presbyopia training

老眼の原因を知り、老眼鏡に頼らない生活へ

現代生活は、残念ながら目には悪い要素たっぷりの環境となっています。日常生活を思い返してみると、パソコンや携帯電話・携帯ゲームなど、近くの画面ばかりを見ていませんか?遠くを見る機会はあまり無いのではないでしょうか。
また、夜に出歩いても屋内・屋外問わずどこも明るく照らされており、暗闇で目を凝らして見なければ分からない、という機会が少なくなってきています。
このような目の運動不足は、老眼の原因ともなるのです。
目の機能が十分に使われていないと、焦点を合わせるための虹彩筋や毛様体筋といった目の筋肉が衰え、最近では30代でも老眼になる人が急増しています。

目が物を見る仕組みと老眼

まず、目が物を見る仕組みについて。
外から目の中に光が入り、光は厚さ約1ミリ程度の角膜から弾力に富んだ水晶体を通ります。毛様体筋で水晶体の厚さを調整してピントを合わせます。光の量は、角膜と水晶体の間にある瞳孔を虹彩筋が動かすことにより調整されています。この光が目の奥にある網膜に到達し、視神経を通って脳に情報が送られ映像化されます。
以上のように、目で物を見る上で重要なのは虹彩筋や毛様体筋の機能であり、この筋肉が衰えなく働くことで綺麗な映像を見ていることになります。
ところが、上記に記したように目の運動不足により目の筋肉が衰え、どんどんピントが合わせられなくなり、老眼となってしまうのです。
目の運動不足は、パソコンや携帯電話の使用頻度が高いであろう若い世代だけでなく、中高年にも当てはまります。老眼の悪化スピードは急激に早くなっており、老眼鏡を何度も作り直さなければいけなくなった人も多くいます。

目の運動不足解消へ

老眼を感じたからといって、安易に老眼鏡に頼るのは、老眼の悪化スピードを早める一因となってしまいます。確かに、不便を感じればすぐに解消したくなるのは当然ですが、老眼鏡に頼りきりで生活してしまうと、老眼の悪化スピードは早くなり、老眼鏡を作り直す頻度も高くなるといった問題も出てくるでしょう。
老眼は老眼鏡という一時的に快適を得られる道具に頼るのではなく、目の運動不足を解消することで悪化スピードの遅延や症状の改善を図ることができます。

虹彩筋と毛様体筋の強化

目で物を見る際に、光の量を調整している瞳孔にとって重要な役割を果たしているのが虹彩筋です。次に、ピントを合わせるために水晶体が厚みを変えるために働くのが毛様体筋です。この2つの筋肉を鍛えることで、老眼の回復が見込めます。では、どのように鍛えれば良いのでしょうか?
まず、虹彩筋を鍛えるのにオススメなのは、光と闇の刺激です。
目に光を当てたり、それを遮断したりを繰り返し、虹彩筋の伸縮運動を促します。
ただし、目に異常を感じた場合はそれ以上続けず、無理のない範囲で行ってください。
この運動は、メガネやコンタクト・老眼鏡などはかけずに裸眼で行ったほうが高い効果が得られると考えられます。
次に、毛様体筋を鍛える方法ですが、色々な距離でピントを合わせる目の運動を行います。物を顔に近づけたり遠ざけたりし、それを首を動かさずに目だけで追いピントを合わせます。この運動は、できれば老眼鏡は外して行ってください。
以上の2種類の運動は、最低でも朝と夜の1日2回、2種類続けて行うと効果的です。1日の回数が増えるのは構いません。むしろ多いほうがより効果は高まるでしょう。
この運動を継続して行うことで、老眼鏡が必要無くなった、初期の老眼が治った、などの報告もあります。目の周りの血流が良くなりますので目が疲れにくくなり、運動の継続により虹彩筋や毛様体筋は強化され、老眼の改善を実感できるでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です