老眼の症状を実感してしまった方に読んで欲しい老眼豆知識

Presbyopia Tips

老眼と正しく付き合っていくにはどうしたらいいの?

老眼はしょうがない?目を酷使し続けていると、視界が霞んで見えることがありませんか。また、目に負担が掛かることで、目の筋肉が疲れてしまうなどの疲れ目を感じることが多くなった方は、もしかすると老眼の初期症状かもしれません。
老眼は、年を重ねることで起きる老化現象の一つです。
だからといって、年だからしょうがないと諦めるのは、間違いです。

どうして老眼になるの?

ピントを合わせる目の調節機能である水晶体が硬くなり、弾性が低下することで、近くを見る時に必要な調節が出来なくなる状態を、老眼と言います。
水晶体は、毛様体筋によって光の屈折を変えてピントを調節しています。水晶体は、遠くを見る時は薄いままですが、近くの物を見る時は厚くなります。しかし、年を重ねる毎に、水晶体の弾性が低下することで、毛様体筋の働きも低下してしまうのです。
水晶体嚢というカプセル状の中には、水晶体皮質という何層にも重なっている繊維があります。その水晶体皮質が老化により、中心部に押し込められ水晶体核となります。
老眼自体は、10代から始まっているのですが、自覚症状を感じはじめるのは、40代くらいからです。45歳頃から水晶体の弾性が失われ、近くも見るための調整力が低下してきます。
老眼鏡なんてまだ早いと、無理をしていると、目の疲れからくる肩凝りや頭痛、吐き気などの体の不調に悩まされてしまいますよ。

老眼あるある

視力が良いと、早く老眼になると言われていますが、本当なのでしょうか。視力が良い人は遠視傾向にあり、遠くや近くの物を見る時も毛様体筋によって、水晶体を厚くさせています。普通の人よりも毛様体筋を酷使している分、老眼になるのが早いようですが、元々近くが見えていないために、老眼に気付いていないということも考えられます。
老眼鏡を使うと老眼が進行してしまうと、いった意見もよく耳にしますが、これは間違いです。目のストレッチなどをして、老眼を予防することは大切ですが、老眼鏡を使わないように我慢していることで逆に目が疲れて老眼が酷くなってしまいます。

老眼は改善できるの?

老眼に限らず、目の健康を保つ栄養を普段の食事やサプリメントから、補給しましょう。網膜の中心部に位置している黄斑は、ルテイン不足によって加齢性黄斑変性という目の病気を引き起こしてしまう場合があります。
ルテインは、ホウレン草やカボチャなど、緑黄色野菜に多く含まれています。
それから、ビタミンB群は視力低下を防いだり、粘膜の保護・細胞の再生、などの効果があります。
最近では、脳を鍛えて視力を回復させるガボールパッチというゲームが注目されています。ガボールという模様を1日20分程度、注視することで視力が回復するだけでなく、目も疲れにくくなるといった実験結果も出ています。
毛様体筋を鍛えて、老眼を防ぐ簡単な目のストレッチがあります。目を強くギュッと閉じたり開いたりを繰り返したり、目をゆっくりと大きく回すなどの簡単な動作で出来ますので、仕事の合間に定期的に行いましょう。
最近の目薬は、老眼対策に特化したものも多く出回っています。目を潤したり、目に必要な栄養を与えることで、目の老廃物が溜るのを防ぐ効果も期待できます。ネオスチグミンメチル硫酸塩という成分は、ピント調節を改善してくれる成分なので、目薬を選ぶ際に覚えておくと良いでしょう。同様に、ビタミンB12もピント調節に効果がある成分です。
目薬は、沢山使えば使う程効果があるという訳ではありません。目に目薬を溜めておけるのは、0.03mlくらいなので、使用量を守って使用しましょう。
最も簡単な方法は、蒸しタオルで目を温めることです。目の回りの筋肉をほぐし、血行を良くするだけで、目の疲れが取れて目が楽になります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です