老眼による視力の低下からの回復のための様々な方法

老眼鏡とコンタクトレンズのメリットとデメリット

Advantages and disadvantages

見えにくいなと思ったら、それは老眼かもしれません。そんな時に真っ先に思いつくのが老眼鏡の存在でしょう。老眼鏡には単焦点タイプのものと多焦点タイプのものがあり、それぞれにメリットとデメリットがあるため、どのような目の使い方を多くするかによって慎重に選ぶ必要があるでしょう。
今まで眼鏡をかけた事がなく眼鏡をかけたくないという場合には、老眼専用のコンタクトレンズがあります。若い世代にはコンタクトレンズが人気のため、今後の老眼専用コンタクトレンズに期待が寄せられています。コンタクトレンズの場合は多焦点タイプの一種類です。目の中で動くため、やや眼鏡と比べて焦点がぼけやすいというデメリットがあります。価格がメガネに比べて高いという点もあるため、眼科医に看てもらった上で試しに装着してみる事をお勧めします。また、老眼鏡とコンタクトレンズを併用して使用するという方法もあります。老眼鏡の処方箋は眼科できちんと出してもらい、検査を受けましょう。

二つの手術で視界をクリアにする

Clear sight

老眼の手術は伝導性角膜形成術、遠近両用白内障手術などが代表的な手術です。伝導性角膜形成術は、ラジオ波を当てることにより角膜を遠近両用レンズのかたちに変え、全てのピントが合うようにする手術です。歯科手術に使われるラジオ波を使用するため、安全性が高く安心して手術を受ける事ができます。効き目と反対の目に手術をする事が通例です。ライセンスを持っている医師のみが手術をする事が許されているため普及率は未だ低いままですが、メスは不要で手術時間は短く限られた回数までは再手術をする事も可能であり、大変メリットの多い眼科治療と言えます。
遠近両用白内障手術は、老化した水晶体の代わりに人口レンズを埋め込む手術です。この手術に使われる眼内レンズは多焦点の遠近両用レンズのため白内障の治療効果と同時に老眼治療を行う事も可能であり、手術終了後は遠近両方にピントを合わせる事が出来るようになります。白内障の手術は度々行われている非常に一般的な手術で、方法や効果にも高い期待を持てる安全性の高い手術です。手術に用いられるレンズも認可を受けた物を使用する事とされています。ただ、手術に用いられるレンズを遠近両用眼内レンズとした場合には保険適用外となっていますので注意が必要です。

レーシック手術で老眼は治せるのか?

2

レーシック手術とは目の屈折異常の矯正を治療する手術のため、老眼の手術とはまた違い治療は困難であるとされています。レーシック手術により屈折率を正常にしたとしてもピントを合わせる機能の衰えにより、老眼鏡は必要であるというのが眼科医での今までの定説でした。しかし、昨今では様々な理論を応用して、老眼治療がレーシックによって可能であるとする眼科も存在します。その代表例がリーディングアイとビュープラスと呼ばれるものです。リーディングアイとは、角膜内にリングを挿入し、ピンホール効果を応用して近くの物を見えやすくする眼科治療です。ビュープラスとは、透明レンズを効き目と逆の目の角膜内に挿入し近距離にピントを合わせやすくする治療です。そうする事で、効き目と逆の目は近距離が見え効き目では遠方を見る事ができ、全体の視界がクリアになります。この二つの手術の共通点は、片目のみの手術で完了する事が出来また術後に取り出す事も出来、目の外観にもなんら変化はありません。手術時間は大変短く、術後すぐに視力回復効果を実感する事が出来ます。最後に、モノビジョンレーシックという手術を紹介します。モノビジョンとは、手術により左右の目の度数を意図的に変えた状態を言い、モノビジョンレーシックとはレーザーにより屈折率の矯正を角膜に施す手術です。左右の目を近距離の際と遠距離の際で使い分ける必要があり、慣れるまでに数ヶ月かかる場合があります。また、片目ずつ使う事により視力の低下を招く恐れがあるという注意点もあります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です