目の疲れを効率的にとる方法と目のためにできること

How to heal eyestrain

目の疲れを速攻で癒す方法と目のためにできること

目の疲れを放置しておくと大変です。いらいらしたり、頭痛がしたり、集中力が低下して仕事に支障がでることもあるかもしれません。目の疲れの原因は長時間パソコンやスマホの画面を見ると、目の周りの血流が滞る、目の周りの筋肉が固まる、この2点があげられます。目の疲れを悪化させる行動・習慣を解明して、目の疲れを解消する方法を紹介します。

目が疲れる原因

日常の中に目を酷使する行動はたくさんあります。1時間以上継続してパソコンやスマホを見たり本を間近で読むと、目のピントが長時間固定され、目の機能が低下します。暗い部屋でパソコンやスマホ、本を見る、まばたきが極端に少ない状態が続く、パソコンが目より高い位置にあって見上げる状態になる、こういう状況が続くと目が乾燥してドライアイになりやすくなります。そして視力の低下、肩こり、頭痛を引き起こします。これらをすべて改善すれば、目を酷使することもなくなるでしょう。

目の疲れを簡単にケアする方法

近くばかり長時間見ていると、目のピントを合わせる働きをする毛様体筋がずっと収縮したままで、近視になりやすいと言われています。毛様体筋は収縮により目のピントを合わせるので、たまには伸ばしてやらないとくたびれてしまいますから、5m以上先にあるものに目の焦点を合わせて5秒見る、次に近くのパソコンなどに焦点を合わせて5秒見る、これを20~30回繰り返します。こうして毛様体筋をリラックスさせます。
次に目のストレッチをしましょう。まぶたをぎゅっと閉じて5秒そのまま、次にぱっと大きく目をゆっくり開ける、次に目だけを上向きに動かすように上を見る、これを5回繰り返します。目をぐるぐる回す運動もあります。頭を動かさず、目だけを時計回りに2、3回、ゆっくり回します。反対回りに2、3回ゆっくり回します。これを3回繰り返します。
目に効くツボを押してみましょう。ツボは目頭の少し上のくぼんだ位置(清明)・眉頭の眉間側(攅竹)・眉毛の中心、黒目の真上(魚腰)の3か所です。親指や人差し指を使って優しくゆっくり押しましょう。これらのツボは、眼精疲労の改善・頭痛・ストレスの緩和・老眼改善・むくみ、たるみの解消、視力の回復に効果があります。
目じりを温めるのも効果があります。ガムをよく噛むと、顔の筋肉が動かされ、目の周りの血流を良くし、脳が活性化され頭が冴えます。

食生活の改善

目に良い栄養素はアントシアニン・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・カロチンです。アントシニアンを多く含む食品はブルーベリー・ブドウ・ナス・紫イモなど、ビタミンAはモロヘイヤ・レバー・ウナギなど、ビタミンB1は豚肉・うなぎ・ごま・落花生・大豆など、ビタミンB2はレバー・うなぎ・牛乳・鶏卵・納豆・乾しいたけ・さばなど、ビタミンCは、ブロッコリー・ほうれん草・小松菜・キャベツ・さつまいも・アセロラなど、カロチンはカボチャ・にら・ニンジンです。特にアントシニアンは抗酸化作用があることで注目されている栄養素です。赤紫色の色素で目の筋肉の血流を改善します。またビタミンAは涙の生成にも関係しており粘膜の形成・修復を助けます。ビタミンB1は、目の疲れを和らげる働きを持ちます。ビタミンCは、抗酸化作用を持ち白内障の予防ができます。カロチンは目の細胞や粘膜の新陳代謝を促し、夜盲症の改善をします。

質の良い睡眠、自分に合った度のめがね

睡眠不足は目の健康の大敵です。疲れた身体を労わり心身ともに健康になることは目の疲れをとることにつながります。また、毎日使用しているめがねやコンタクトの度があっていなければ目に負担をかけます。自分に合う度のめがねやコンタクトを使用しましょう。

まとめ

私たちの日常は目に負担をかけることに満ちています。目に負担をかけている行動は改善し、パソコンやスマホを長時間見たときは遠くを見たり、目のストレッチ・ツボを押すなど目のケアをしましょう。目に良い食品もたくさんあります。普段の食生活の中で目に良い食品を選んで積極的に食べるようにしましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です