目の疲れをケアしてあげることは老眼対策にもつながります

Presbyopia Supplements

酷使している目の疲れを手軽に取る方法について

目の疲れ、現代人なら誰もが持っている悩みではないでしょうか。特にデスクワークで毎日
パソコンの前で仕事をしている人は、仕事の後や合間にスマホやタブレット端末を見ることも
多いでしょうから、さらに目を酷使していることになります。本や新聞も最近はパソコンで見ることが
増えていますので、かなり目は酷使していると言えます。
疲れ目は目の疲れだけでなく、肩こりが頭痛、首痛なども引き起こします。
目の疲れを取るためにはどうしたら良いのでしょうか。

仕事の合間でも簡単にできる方法

目の周辺のツボを押すことで、血流を良くして目の疲れを改善したり、疲れにくくすることが可能です。
どれも簡単に刺激できるツボなので、気がついたら刺激してみましょう。まず1つ目のツボは、目の外側のこめかみの辺りを押すことで刺激できるツボです。太陽(たいよう)と呼ばれているツボです。押してみるとおそらく痛いけど気持ちが良いと感じる場所があると思います。そこがツボなので、押してみたりマッサージしてみましょう。2つ目は、目の中心部分の下あたりにあります。目の周辺は皮膚も薄いので強く押しすぎるのはNGです。
軽くおさえる感じで刺激しましょう。このツボは承泣(しょうきゅう)と呼ばれています。
目の周辺以外でも目の疲れに有効なツボがあります。首の後ろにあるツボが目の疲れに有効です。このツボは風池(ふうち)と呼ばれています。ちょうど首の後ろで髪の生え際あたりになるので刺激しやすいです。首を後ろに倒しながら刺激するとちょうど良い力で刺激ができます。
手にも目の疲れに良いとされるツボがあります。人差し指と親指の骨の合流地点、くぼんでいる部分の合谷(ごうこく)というツボです。強めに押しても大丈夫で、目の疲れ以外にも効果があるツボなので、刺激すると色々な面で効果を実感できます。耳たぶにもツボがあります。目が疲れている場合は痛いと感じるくらいなので、疲れ目かどうか確認する意味でも刺激してみると良いでしょう。耳たぶの中心から少し下の場所がツボです。

自宅に帰ったらできる方法

目の疲れを取るアイマスクなども市販されていますが、わざわざ購入しなくても蒸しタオルで目の疲れをとってリラックス効果も得られます。
濡らしたタオルをレンジで温めるだけでできます。これを目の上に乗せれば目の血行を良くして目の疲れをとることができます。お風呂であれば手軽に行えます。湯船にタオルをつけて、絞ったものを目の上に乗せればOkです。のせる時間はタオルが冷めてくるくらいまでを目安にすると良いでしょう。数回繰り返し行うのが良いです。
もちろん目を休めてあげることも大切ですので、作業の途中で目を休める時間も作ってあげましょう。
遠くの景色を眺めたりするのがおすすめです。1時間に1回数分の休憩があるかどうかで、作業効率も
随分変わってきます。先ほどのツボ押しに加えてマッサージをしてあげるのも良いでしょう。

毎日手軽にできる方法はサプリメント

目の疲れを取るためにはサプリメントも有効です。サプリメントはブルーベリーが一番有名ですが、
ビルベリーやルテインなども疲れ目に効果のあるサプリメントとして販売されています。
食事からも疲れ目にならないための栄養素は摂取できますので、人参など積極的に食べてください。
ブルーベリーのサプリメントやルテインのサプリメントは疲れ目だけでなく、老眼や乱視など目の不調に
有効なサプリメントです。含有量が多いかどうかも重要ですが、体の中で働きやすいようになっているかどうかや、吸収されやすいカタチになっているかどうか、他の成分との組み合わせなども比較して購入するようにしましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です