老眼に関する説明と対策のトレーニングを紹介

老眼 若者

老眼を予防する水晶体体操のやり方について説明します

老眼という名称の方が馴染みがありますが正式名称は老視といい、多くの場合は老眼という言葉が使用されています。

老眼というのは年を重ねるごとに水晶体の弾性が失われてしまい調節する力が弱くなることにより近くのモノにピントを合わせることが困難になる現象です。

通常40代~60代頃に症状が表れますが、本当は20歳頃から調節力は徐々に弱くなっているのです。なので個人差があり20代や30代で老眼を自覚している人も存在します。通常生活する上で文字を見る距離である30cm前後がピントが合いにくくなると老眼であると判断されます。
Lens

40歳程の年齢で老眼になるのは嫌なもので、自分自身は若いと思っていても老眼の症状が出るとショックなモノです。老眼ではなくナイスミドルアイという名称にしたらショックも多少は緩和されるかもしれません。

それと近眼の人の方が老眼になりにくいというのは全く根拠がなく事実ではありません。近視の人の方が近点と捕らえる場所までの距離が短いだけで近くできちんとピントが合っている状態までの位置が人より短い分老眼の症状を自覚しにくいだけと言うことが出来ます。つまり確実に老眼化は行われていて、本人の自覚がないだけです。それが近視の人の利点と言えるのかもしれません。

ですが眼鏡をかけた状態では老眼の症状が出るので、強度近視の場合は眼鏡かコンタクトをずっと使って視力矯正を行う必要があるので、近視の利点が感じることも出来ません。だから老眼にならない様に目のトレーニングを行うことが重要です。

現在30代で視力に問題はないという人はこれから老眼の予防を行ってみてください。老眼を自覚するまでの期間はさほどないので、40代なんてすぐそこです。老眼というのは加齢に従い水晶体という目のピントを合わせるレンズの弾性が少なくなり調節力が低下することで、近くモノにピントが合わなくなってしまいます。それと共に水晶体自体の厚みを調節する毛様体筋の働きも低下します。

老眼が進行したら遠距離視力も低下して遠くのモノもピントが合わなくなってしまいます。老眼は40代から一気に進行し、若い時に視力がいい人か近視かどうかで自覚する年齢に個人差が出てきます。老眼が進む年齢はさほど違いはないのですが近視の人は視力がいい人より近くのモノにピントを合わせる距離が短い分裸眼で老眼の症状を自覚しにくいのです、しかし眼鏡をかけると同じで老眼を感じるので利点はさほどありません。

老眼の自覚症状は40代から出てきますが、現実には20歳前後には近くをモノを見る為の機能は低下していて、近くのモノにピントを合わせる距離は段々離れてしまいます。そして40才を過ぎた頃から一気に加速し本を読むことが困難になります。近視も同様なので普段からトレーニングを行うことで老眼により落ちた視力を回復すること、老眼を予防することが出来ます。

老眼予防トレーニング方法とはどのようなモノか

ここで説明する老眼予防のトレーニング方法は水晶体体操法で、水晶体というのは周囲に毛様体筋と呼ばれる筋肉が存在し水晶体の厚みを調節しています。その毛様体筋が低下したら調整が上手に出来なくなってピントが合わなくなるのです。

だから水晶体体操というのは視力トレーニングの基本と言えます。分かりやすく説明するなら遠くと近くを交代に見るという体操です。視力が0、1以上の場合は裸眼で行い、0.1以下なら眼鏡をかけたまま行いましょう。壁のカレンダーの文字などを目標としてください。

まずはカレンダーから2mから3m程距離をとります。そして目の前には15cmほどの場所に鉛筆を立てて下さい。鉛筆がない場合は人差し指でも構いません。鉛筆の先端を3秒~5秒程見てください。それから次にカレンダーの文字を同じように3秒~5秒程見るのです。

老眼トレーニング

そしてそのセットを3分間繰り返し1日3セット行って下さい。そうするだけで老眼の進行を予防することが可能です。何の準備も必要ないのでその日から行うことが出来ます。目の体操を行う前に蒸しタオルを目に当てて目の疲れを緩和させると効果がアップします。 また水晶体体操を行う際にあると便利なアイテムがピンホールアイマスクで、使用すると水晶体体操がかなり楽に出来るのでお勧めです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です