若い人に多くなっている週末老眼に注意をしよう!

How to heal eyestrain3

老眼はお年寄りだけの症状ではなくなっています

一般的に老眼というと、目が年を取ることによって、老化してきてなるということが言われています。
そしてそのことは、年を取った時になると、理解することができるのです。

しかし、その老眼が、若い人の間でも見られるようになっています。
その若い人の間に見られる症状が、週末老眼を言われているものです。
週末老眼というのは、目を使っていて、週末になるとその目の疲れがドッと出てしまい、老眼の症状が見られてしまうということなのです。
そのため、老眼は年をとってから心配をすればいいと思っていると、大きな間違いなのです。

現在は生活環境の変化により、そのように若い人でも、週末老眼の症状が見られる人が多くなっているのです。
そしてその症状としては、一般的な老眼の症状と同じように、近くのものが見えにくくなったり、細かい文字が見えにくくなったりします。
週末になると、その目を酷使して使っていた疲れが出てしまうからなのです。
新聞を見る事が辛くなったという人は、その危険性があります。

週末老眼は現在の生活環境の変化によって起きています

週末老眼は、なぜ起きるのでしょうか。
その一つの原因として、現在の生活環境の変化にあります。
特に一番変化をしているのは、スマホの利用です。
現在、若い人の間で持っていない人が少ないスマホは、とても便利なものとして利用されています。
しかし、そのスマホを利用することによって、小さい文字等を、目を酷使してみていることになるのです。
その結果、目が疲れてしまうのです。

また、仕事をする時に利用するものとして、パソコンについてもそのひとつです。
パソコンの場合も同じように、同じ文字をじっと見たり、同じことの繰り返しで、目がかなり疲れていることが想像できます。

また紫外線の刺激により、目が疲れてしまうということもあります。
外出することが多かったりすると、目がなんだか疲れてしまうという人は、その紫外線による目の疲れが起きていることになるのです。

そのため、目を使う筋肉が疲れてしまうことと、凝視をすることにより、瞬きの回数が減って、ドライアイになることで、目が老眼症状となることがあります。

週末老眼はこんなことに気を付けると解消できる!

そんな週末老眼は、放置をしておくと、ますます進行をすることになります。
そのため、今から少しでも、対策を立てることが大切です。

そしてその一つに、ドライアイを防ぐために、目を時々閉じるということが大切です。
目を閉じることによって、目の乾燥を防ぐことができるからです。
そのため時々、休む時等は、出来るだけ目を閉じて休むようにしましょう。

またその次に大切なこととして、目の周囲の筋肉をほぐして上げることです。
その周りの筋肉に沿ってマッサージを行うと、その筋肉をほぐすことができます。
疲れている時には、目を大きく開けたり閉じたりすることも、ひとつの運動になるので、それだけでも行うと効果を期待することができます。

また目の周囲の血流をよくすることも、その効果を期待することができます。
目に暖かいタオルをのせたり、最近では目の疲れを取るパック等も販売されているので、それらを利用することも一つです。

また外出をする時には、サングラス等を利用するといいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です